メガネやコンタクトの現状|オシャレ目的や目の負担を減らすこと

置かれたサングラス

新着記事

メガネ選び

メガネは日常生活を支えるものであり、ファッションの一部でもあります。そのため流行りのメガネを好む方も入るでしょう。吉祥寺メガネは流行りを意識したメガネが多く取り揃えているメガネ店で、多くの方が利用しています。

More...

補聴器とコラボメガネ

メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正アイテムだけをメガネ屋さんでは売っていると思われていますが、実は難聴の人のための補聴器の販売も行なっています。それだけでなく昔と比べて多くの種類のメガネを取り扱うようになりました。

More...

現代のメガネ

昔は牛乳ビンの底のようなレンズのメガネで値段が高かったのですが、現在では色んなフレームの形やデザインで安い値段で購入をすることが出来るようになっています。また最近では生活のシーンに合わせたメガネもあります。

More...

メガネの現状

視力矯正のためにメガネやコンタクトレンズを必要とする人は大勢いて、最近では技術の進歩やニーズの取り入れなどからオシャレアイテムとしても使えるようにフレームの種類や色が増えただけでなく軽量化も実現出来るようになりました。昔のメガネというと瓶底のようなメガネで値段も高かったのですが、現代のメガネはそんなこともなく昔よりも安い値段で購入することが出来るようになっています。またオシャレ目的でメガネを欲している人のために度が入っていないレンズを付けた伊達メガネ、瞳を綺麗に見せるためのカラーコンタクトレンズ通称カラコンも沢山出てきています。カラコンは出始めのころは目に異常をきたすなどの問題がありましたが今では問題なく使用をすることができ、眼科ではなく雑貨店やネット通販でも購入することが出来ます。カラコンには有名な女性タレントやモデルが付けていることで人気が高いものもあります。そして、現代ではネットの普及などにより生活だけでなく職場などでも電子機器類を使うことが一般的になり目が疲れやすい環境になり、目の負担を減らすために電子機器類からでるブルーライトを防ぐためのレンズをつけたメガネ通称ブルーライトレンズが発売されています。実際にブルーライトレンズを利用している人からは目が疲れにくくなったという声をよく聞きます。ブルーライトレンズには度があるものとないものがあるので選んで使うことが出来るだけでなく、今まで使用していたメガネのレンズをブルーライトレンズに変更することも可能になっています。